トナーの正しい選び方

女性

トナーの種類を理解しよう

大きく分けるとトナーには、プリンターのメーカーが販売する純正とそれ以外の製品で使う非純正に分類されます。例えば京セラはコピー機や複合機の販売もしているのでトナーもそれに合ったものを提供します。もちろん品質は非純正よりも高くなるでしょう。

リサイクルトナーもある

使用済みのトナーを再利用し、最安で売るというものです。回収されたトナーの中には京セラの製品もあり、安く購入できるならと手を出す企業もいますが、不良品が出る可能性があるためオススメできません。

複数に使えるものもある

様々なメーカーに対応できるよう、ブランド名がない汎用トナーがあります。どれでも対応できるので品質が高くなりますが、非純正のトナーの中で値段が高いのがネックです。

よくある質問をピックアップ

安いことで困ること

コピー機を使う頻度が高いと、非純正の安いトナーに目がいってしまいがちですが印刷のクオリティは確実に落ちると予想できます。また、トナーが漏れてしまったり交換期間が早まってしまったりなどのトラブルも数多く報告されています。

リサイクルの回数が知りたい

機種によって様々ですが、大体3回から5回が目安だと思ってください。またリサイクルの回数はプリンターの使用頻度で変わってくるため、一概に言えません。

扱っていないトナーの注文

サイトに掲載されていないトナーも、問い合わせをすれば扱っている場合がほとんどです。京セラのトナーだけではなく、各メーカーごとに使えるトナーを豊富に扱う通販サイトがあるのでチェックしましょう。

リサイクルと純正品の色の違い

純正品と違い、リサイクル品の場合は質が若干落ちてしまうため色が濁っていたりはっきりしなかったりします。これを理解した上でリサイクルされたトナーを購入しましょう。

商品が届くまでの期間が知りたい

人気のトナーは在庫を数多く持っているので早めに発送することができます。ただし、品切れの場合は多少時間がかかる恐れがあるので専門業者側が事前に連絡するケースもあります。

広告募集中